So Ikeda


池田聡[English version in preparation]1984年5月11日、大阪府和泉市に生まれる。高校は公立の普通科に通い、その後美術大学への進学を希望するも叶わず期間従業員として愛知県の工場で進学費用を貯める。その後、美大受験予備校で1年を過ごし、京都5美大のうちの一つである京都精華大学プロダクトデザイン学科に進学。冬のインターンで某国内自動車メーカーから内定を獲得し、就職。現在は先行開発を担当し、企画からデザインまで一貫して手掛ける若手デザイナーとして注目を集めている。仕事前に海に行くほどのサーフ好きでもある。 高校3年生になってはじめて進路のことを考えた時に美大に行きたいと思ったんです。3年の夏に美大受験予備校の体験コースに行ったんですけど、そこで本気で目指そうと思いました。ただ、中学はバスケット、高校はハンドボールとデリバリー系のバイトをしていて、ほとんど描いてなかったので今の実力じゃ無理なことは分かっていました。美術部でも無いですし、志高く練習してたってわけでもなかった。高校になると美術の授業すら無くなりますからね。予備校に通いたかったんですけど、その段取りもうまくいかなかったんですね。なので、予備校に行くお金を貯めようと思って、高校卒業してすぐ、某メーカーさんの自動車工場で1年間だけ期間従業員として働きました。僕が担当したのは鋳造なんですけど、結構キツいと言われているパートですね。工場で働く人って、色んな人がいるんですよ。農家やってる出稼ぎのおっちゃんもいれば、リストラされて家族を食べさせないといけないってことで働きに来ている人もいる。バックパッカーから元社長の人までほんとに様々。ワケありでヤバい人もいましたね。ここでは言えないような笑…全文を読む    
Slide background