Miki Hattori


服部 幹 [English version in preparation]東京都杉並区出身。早稲田大学高等学院卒業後、1975年に早稲田大学工学部に進学。在学中、カーデザイナーになると決心し、名門ACCD(アートセンター)に進学。その後、オペルに採用され、海外で活躍する日本人カーデザイナーの草分けとして知られる児玉英雄氏とともに7年間を過ごす。トリノのカロッツェリア、スティーレ・ベルトーネに移籍し、数々のプロジェクトに関わった後、1992年に帰国。未来技術研究所を経て、自身のプロダクトデザイン会社を立ち上げるとともに、鎌倉のSQUAMA株式会社で取締役を勤めるなど、精力的に活動している。2014年、カーデザインアカデミーの講師に就任。 日本は各メーカーの実習に参加してその中から選考されるシステム。実習に選ばれるのも一握り、さらに実習後にオファーを受ける可能性も小さい、と聞いているので、メーカー側としてはなんだか採用幅がとても狭い感じがします。また、学生の側からすると、メーカーとの接点は実習しか無いと思いがちですが、海外のメーカーも視野に入れれば通年採用というケースが多いので、こちらは学生からのアプローチがメインになりますからね。枠の中だけで考えると、可能性は小さいまま。私の時でも、カーデザイナーになるための情報はあまりなかった。今は、昔に比べたらインターネットで検索すれば少しは情報が出てくる。カーデザインアカデミーでもそういう情報を公開しているじゃないですか。カーデザイナーになりたいのならば、考えられる、あらゆる手段を試せばいいと思います。頑張ってください。…全文を読む
Slide background