【トラモンド/1996年第3389号掲載】カーデザイナーNori Kurihara氏「地球にやさしいクルマ」


tramondo3389-300

tramondo3389-700

バス・タクシーの専門誌、tramondo。

業界関係のさまざまな情報を発信しているtramondoから、カーデザインアカ
デミー監修を務める栗原典善氏が掲載された記事をご紹介!

『地球環境保護』。

クルマが悪者になりがちなこの議論において、クルマの救世主となりそうな
技術が開発されています。

電気自動車です。

化石燃料も使いませんし、排出ガスもありません。
騒音も低いし、夜間電力を使えば省エネにもなります。

東京と神奈川で電気自動車が20万台導入されれば、排出ガスが5%減るぐらい、
影響が大きいと試算されているそうです。

人類が初めて地球環境を考えて創り出す乗り物、と栗原氏が呼ぶ電気自動車
はまだまだ開発途上。
バッテリーの電気容量や耐命、リサイクルなどの難しい問題があり、普及に
はなお時間がかかりそうです。

それでも、これからの時代には、革新的な技術で地球にやさしいクルマが
出てくるはず、と栗原氏は信じています。
「地球とそこに共存する生き物にやさしい」を目標に、ものづくりが進めら
れる時代になるはずだ、と。

私たち1人1人も、現代人として、地球環境への配慮が求められています。

記事では、栗原氏の提言する、現代人が地球環境保護のためにできること
5ヶ条についても、詳しく紹介されています。

こちらのリンクから、掲載記事の詳細を見ていただくことができますので、
興味のある方はご覧下さい↓

tramondo記事詳細はこちらから

※【カーデザインアカデミー】は、栗原典善氏が監修する世界で初めてのオンラインでカーデザインが学べるWEB上のスクールです。

カーデザインアカデミーの詳細についてはこちらをご覧ください。


Slide background