【ナインイレブン・デイズ/2001年WINTER号掲載】カーデザイナーNori Kurihara氏「世紀末緊急座談会 ポルシェの21世紀を占う」


911-300 911-700 ポルシェ好きのバイブル「NINE ELEVEN DAYS」。 ポルシェ専門誌NINE ELEVEN DAYSの2001年WINTER号に掲載されたのは、 カーデザインアカデミー監修を務める栗原典善氏、 自動車評論家でポルシェオーナーであったこともある吉田 匠氏、 謎のポルシェ情報通・桜井遼太氏(匿名)、 3名のスペシャルゲストと熱く語る座談会! カレラGTは、彼らポルシェフリークにも驚きのV10仕様でした。 「触れてはいけない領域に入ってしまった」と言う栗原氏は、超高級車路線であるカレラGTは リサーチ目的のデザインである、とみています。 ポルシェとしてのアイデンティティが薄い… それは逆に、今までの911の呪縛から逃れる意図があるのだろうと。 V10のエンジンが出てきても、フラット6エンジンはなくならない、との予測もしています。 なぜなら、ポルシェのあの独特の乗り味は、フラット6でないと出せない! とはいえ、ポルシェといえども、生き残りをかけた勝負をしなくてはいけません。 ポイントは「ヘッドライト」。 カレラGTと911の関係は!? 911のヘッドライトはどうなるのか!? そして、ロゴとドイツで生産するという2点しか明らかにされていない謎のクルマ「カイエン」とはどんなクルマなのか!? 記事では、ポルシェフリークの記者を含めた4人が、熱く語りながら今後のポルシェを占っています。 こちらのリンクから、掲載記事の詳細を見ていただくことができますので、興味のある方はご覧下さい↓ NINE ELEVEN DAYS記事詳細はこちらから ※【カーデザインアカデミー】は、栗原典善氏が監修する世界で初めての オンラインでカーデザインが学べるWEB上のスクールです。 カーデザインアカデミーの詳細についてはこちらをご覧ください。
Slide background