【日経デザイン/2001年09月号掲載】カーデザイナーNori Kurihara氏「私論一石『再びクルマは憧れの対象になるのか…』」


日経デザイン9-300 日経デザイン9-700 デザインを飯の種とする方必見の「NIKKEI DESIGN」。 売れるデザインとは何か、を追及するNIKKEI DESIGNに掲載された、カーデザイン アカデミー監修を務める栗原典善氏の記事をご紹介! やっと日本人も、美意識や本当の豊かさに目覚め始めた… カーデザイナーの栗原氏は、あるクルマの登場により、日本人の感性も成熟度が増す のではないか、と期待しています。 その期待を背負っているのは、4代目ソアラ。 トヨタ自動車が高級パーソナルカー市場に投入した、高級2ドアコンバーチブルです。 デザインコンセプトは、飽きのこないパーソナルな高級感。 加えて、クオリティーや走行性能、どれをとっても欧米のライバルたちを1歩リード しています。 自分らしさやステータスを表現するためのクルマが欲しい。 そう望む日本の裕福層は、ソアラという「ホンモノ」によって、本当に豊かな生活を 手に入れています。 上品なライフスタイルを実現しているソアラは、デザインで日本に美意識とは何かを 問いかけているのです。 果たして、ソアラは、美意識の成熟をもたらすことができるのか。 本当の豊かさを象徴する、憧れの存在になれるのか… 日本メーカーに更なる奮闘を期待したい。 と栗原氏は言っています。 記事では、4代目ソアラの魅力や、今まで日本で高級パーソナルカーが開発されて こなかった事情が、詳しく紹介されています。 こちらのリンクから、掲載記事の詳細を見ていただくことができますので、興味の ある方はご覧下さい↓ NIKKEI DESIGN記事詳細はこちらから ※【カーデザインアカデミー】は、栗原典善氏が監修する世界で初めてのオンラインでカーデザインが学べるWEB上のスクールです。 カーデザインアカデミーの詳細についてはこちらをご覧ください。
Slide background