[English version in preparation]【ベルーフ/1987年8月27日号掲載】カーデザイナーNori Kurihara氏「ホンダ→イタリア→イギリスそして箱根へ 工業デザインの粋を求めた旅がいま世界的ネットワークに結実」


ベルーフ_827-300 ベルーフ_827-700 技術者専門の就職情報誌「Beruf」。 転職する気のない技術者の方が読んでも面白い、開発裏話などの情報も満載 のBerufに掲載された、カーデザインアカデミー監修を務める栗原典善氏の インタビュー記事をご紹介! いまや箱根から世界へデザインを発信しているデザイン・クラブ・インター ナショナルの副社長、栗原典善氏。 ホンダ、イタリアのイタルデザイン、イギリスのフォードと渡り歩き、センス を磨いてきた栗原氏は、ついに日本で起業しました。 ヨーロッパのデザイン力と日本の技術力をリンクさせて素晴らしいモノを作る、 という夢を実現するためです。 本社は箱根。 なぜ六本木や青山でなく箱根なのかと言うと、自然から得るモノは大きいから。 室内にキジが飛び込んでくるようなデザインオフィスは日本にはないでしょう。 スタッフはイタリアやフランスなどの5ヶ国に22名います。 30代中心の若いスタッフですが、日本人にはない発想、想像力、集中力で、素 晴らしい仕事をしてくれます。 日本人スタッフも欲しいのですが、なかなか抜きんでた人が出てこないのが悩 みの種… これからはデザインの時代です。 技術レベルが横並びになってきたので、これからはデザインが選択基準となり ます。 若い才能を組み合わせ、質の高いモノを世に送り出したい。 箱根をデザイン発信地にしたい。 栗原氏の夢が実現し、この素晴らしい環境から、素晴らしいデザインが生み出さ れることを期待しています。 記事では、栗原氏の経歴や外国人デザイナーの働き方についても、詳しく紹介さ れています。 こちらのリンクから、掲載記事の詳細を見ていただくことができますので、興味 のある方はご覧下さい↓ Beruf記事詳細はこちらから ※【カーデザインアカデミー】は、栗原典善氏が監修する世界で初めてのオンラインでカーデザインが学べるWEB上のスクールです。 カーデザインアカデミーの詳細についてはこちらをご覧ください。
Slide background