【ル・ボラン/1991年12月号掲載】カーデザイナーNori Kurihara氏「こんなタクシーがあったら『楽~ん』」


ル・ボラン_december1991-300 ル・ボラン_december1991-700 欧州車を中心に、クルマ関連の情報を集めた「LE VOLANT」。 1991年12月号に掲載された、カーデザインアカデミー監修を務める栗原典善氏の デザインしたタクシーに関する記事をご紹介! 栗原氏が副社長を務めるデザインクラブインターナショナルが、都会の風景に 溶け込む、オシャレなタクシーを開発しました。 その名は「RACCOON」(ラクーン)。 デザインスタジオに時々現れるタヌキをイメージしたというその外観は、大きく 丸っこい。 優しい笑顔の眼を意識したというヘッドランプもかわいい印象です。 見た目のかわいらしさもさることながら、タクシーとしての機能も充実していま す。 後部座席のドアはスライドドアなので、乗り降りがしやすく、荷物も積み込みや すい。 助手席は普段は使わない前提になっていて、使う際には後ろ向きに座ります。 そのため、後部座席との隙間が大きくとってあり、荷物が十分置けるスペースが 確保されています。 運転手にも優しいAT、パワステが採用されているほか、FAXや電話が内臓されて いたり、プリペイドカード決済が可能となっていたり、現金の場合には自動料金 授受システムも完備されています。 後続車に分かりやすいように「乗降中です」「発車します」という案内表示もで ます。 お客さんにも、運転手にも、周りの人にも優しいタクシー、RACCOON。 果たして、RACCOONはタクシー業界に革命を起こすことができるのか…!? 記事には、RACCOONの写真が満載です。 内部の設計やデザインについても詳しく紹介されています。 こちらのリンクから、掲載記事の詳細を見ていただくことができますので、興味 のある方はご覧下さい↓ LE VOLANT記事詳細はこちらから ※【カーデザインアカデミー】は、栗原典善氏が監修する世界で初めてのオンラインでカーデザインが学べるWEB上のスクールです。 カーデザインアカデミーの詳細についてはこちらをご覧ください。
Slide background